【男性版】鼻の角栓黒ずみを落とす方法「お鼻がきれいな男性は代謝がいい?」

こんにちは!たけまるです

今日は男性も最近気にする人が増えてきた鼻の角栓や黒ずみについての記事を書きました。

鼻パック、エステ、クレンジング、スクラブ洗顔、ピーリング それぞれの長所短所をみていき

日々きちんとお手入れするには何をどうしたらいいか?を考えていきたいと思います。

気になった太字の箇所だけでも読んでいっていただければ幸いです。

それではよろしくお願い致します!

現代男性の鼻スキンケア事情

お鼻のスキンケアといえば、固めて角栓を取り除く鼻パックの印象が強い人が多いのではないでしょうか?

しかし現在は男性でも、日焼け止めや毛穴に詰まった皮脂を落とすために、クレンジングを行う人が増えているといいます。

ただ普段メイク落としなどの目的でクレンジングを行う女性に比べ、それらのワードに触れてこなかった男性にとっては、その言葉の意味すらよくわからないものです。

クレンジングの他、スクラブ洗顔やピーリングなどまずは用語の確認をしていきたいと思います。

参考記事:【店員さんに聞いた】無印おすすめのメンズクレンジング

クレンジング

クレンジングクレンジングはメイク落としの用途で使われることが多く

使用するものも「ベースメイクの濃さに合わせて」選択するのが基本で

オイル、リキッド、ジェル、クリームなど様々な種類があります。

種類 特徴
オイル 油性のメイク汚れと相性が良い
リキッド 水分をベースとしたもの、さっぱりした使用感
ジェル 弾力性があり、種類も豊富
クリーム 摩擦が起きにくく、しっとりとした使用感

クレンジングの意味自体は『汚れを落とすこと、浄化すること』なので、(化粧落とし以外にも)その言葉通りの意味で用いられることもあります。


参考記事:鼻の黒ずみを落としたい男性にもおすすめ!『無印のホホバオイル』使ってみた

ピーリング

ピーリングピーリングとは、「剥ぎ取る」という意味で

ピーリングは酸を直接肌に塗り表面の古い角質をこすり取る美容方法です。

毛穴の黒ずみやくすみを改善する効果が期待できます。

使われる酸は、刺激が少ない天然由来のフルーツ酸のものから、化学物質を使ったものまであり

基本的には週に1~2回のケアとして捉えられているものが多く、使いすぎるとかえって肌を傷つけてしまうため、その点では注意が必要です。

スクラブ洗顔

スクラブ洗顔スクラブとは、研磨剤を使用した洗顔料や洗浄剤、角質除去剤のことで

スクラブ洗顔は、毛穴の詰まりや汚れを落としたり、古くなった角質を取り除いて、お肌の調子を整える洗顔方法です。

研磨剤には、植物の種や砂、粘土、樹脂の粒子と様々な種類があり

洗顔すると、一時的に肌表面のざらつきが取れるなどのメリットがあります。

ただ使用頻度を気をつけないと、逆に角質が薄くなりすぎて保水力が弱まりかえって肌が弱々しくなってしまうということから、使用については推奨するしないで別れる傾向があるようです。

鼻パック


鼻の形状をしたシール状のパックを使い、直接毛穴に詰まった皮脂汚れ角栓を取り除く方法です。

パックを水で湿らせ、10〜15分程度装着し、外すと角栓が目に見える形で落ちているのがわかります。

こちらも使用頻度としては週に1回程度という案内がされています。

エステ

ゴリラクリニックの顔面バキューム洗顔『ハイドラフェイシャル』

エステでは鼻だけでなく顔全体を美容液ホットタオル蒸気などで柔らかくしてケアし

浮かび上がってきた鼻の皮脂汚れをスポイトで吸引します(ミニ掃除機みたいになっている)。

肌の悩みを相談する相手が欲しい、トータルケアをしていきたいという人におすすめの方法です。

ゴリラクリニック公式「顔面バキューム洗顔」はこちら

鼻の角栓黒ずみを落とすために必要なこと

ここまで鼻の汚れをケアするための様々な方法をみてきましたが、一時的に綺麗にする方法はあっても、使用頻度を気をつけないと逆に肌を傷つけてしまう側面がある、ということがわかってきました。

その中で大切になってくるのが洗顔をはじめとする日々のスキンケアです。

この項目では特にどんな点を気をつければ、鼻の角栓黒ずみを綺麗にできるのか?を考えていきたいと思います。

「取る」のではなく「溶かす」ための環境作り

皮脂は溶かす皮脂の角栓を取るという行為は、一時的にはスッキリして綺麗になっているように感じるかもしれませんが、体の体質は大きく変わっていないので、また少しすると硬く固まった皮脂の角栓が現れてきます。

鼻は熱が伝わりにくいという性質があり、冷たくなりがちです。

またそれに加え運動不足の場合は、体温の影響も受けにくくなるため、皮脂が硬化しやすい環境になっています。

そしてその積もり積もった蓄積が、鼻の角栓や黒ずみへと形を変え姿を表すようになります。

それゆえに鼻の角栓黒ずみ対策として重要なのは皮脂を溶かすための環境づくり」ということが言えると思います。

①洗顔はぬるま湯で

洗顔はぬるま湯で
鼻は温度が伝わりにくく、低温になりがちです。

そのため、角栓を溶かす、鼻を温める、という観点からぬるま湯での洗顔がおすすめです。

②代謝を上げる

代謝
鼻の角栓や黒ずみの正体は、皮脂が硬化して固まったものです。

角栓や黒ずみはある程度であれば、物理的に除去する方法もありますが

長期的な観点からみれば、内側から代謝を上げて、皮脂が溶けやすくなる環境を作ってあげることが効果的です。

もちろん何か特別なことをする必要がある訳ではなく、帰宅する際に一駅分を歩いてみたり、休みの日にサイクリングするだけでも全然違うのではないかと思います。

③毛穴を開きやすくする

毛穴
毛穴は温度によって大きく開いたり閉じたりする性質があります。

血行が促進され、体の内側まで温まってくると、不要な老廃物が外へと放出されます。

清潔な鼻を保つためだけでなく、ニキビ防止、美肌対策としても

入浴や岩盤浴などは効果的です。

日々のスキンケアを見直す際にオススメの男性化粧品

バルクオムTHE FACE WASH

日々のスキンケア習慣を高めていくなら、人気メンズスキンケアブランド、バルクオムから出ている洗顔料THE FACE WASHがオススメです。

特徴は何といっても、この濃密なモコモコ泡です。

モコモコ泡1バルクオムの洗顔は、顔に触れた際にずっしりとした泡の弾力を感じることができます。

これは、摩擦を和らげ、肌のバリア機能を守る「生せっけん」の働きによるものです。

バルクオムは洗顔料THE FACE WASHの開発コンセプトとして

不要な汚れを落としつつ、肌に必要な成分を残す」ということを掲げています。

そのため、潤いは残しつつ、毛穴に詰まりがちな皮脂を綺麗に洗浄することができます。

泡2泡3ホイップクリームのようなキメの細かい濃密な泡、そしてフローラルフルーティーのほんのり甘い香りがお顔を優しく包んでくれます


参考記事:バルクオム洗顔、ほんのり甘い香りが嬉しい、モコモコ泡体験レビュー

まとめ

まとめ・鼻の角栓黒ずみを落とすには『皮脂を溶かすための環境づくり』が大切

クレンジングをするなら無印良品のホホバオイルがおすすめ

・ピーリング、スクラブ洗顔などをする際は使用回数を守って行おう!

おわりに

お疲れ様でした!

今回は鼻の角栓黒ずみについて、それぞれの対処方法の長所短所をみていきながら、どんなことに注意しケアしていけばいいのか?を考えてきました。

一言にお鼻のケアといっても様々なアプローチがあったと思いますが、その長所を理解した上で用法用量を守り正しく使用する、というのは全てのことに共通していえることであったのではないか感じます。

それぞれの長所を知った上で、その都度適切なアプローチをとることができれば、日々のケアも含め、とても柔軟なスキンケア対策となるかと思います。

長文最後までお付き合い頂きありがとうございました!

関連記事
【店員さんに聞いた】無印おすすめのメンズクレンジング

【男性メイク体験談】BBクリームやファンデーションをつけた際の心配事について

鼻の黒ずみを落としたい男性にもおすすめ!『無印のホホバオイル』使ってみた


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください